婚活準備男性編 | 女性が注目する男の身だしなみ、エチケット9選!

男性の身だしなみ

これから婚活を始めようという男性のなかには、どんな準備をしておくべきなのか悩んでいる方もいるかもしれません。

お見合いや婚活パーティー、デートなどでお相手の女性が注目するポイント(見た目、服装、食事の際のマナーなど)をおさえておけば、婚活を成功させる可能性をグッと高めることができるでしょう。

このページでは男性の婚活準備について、結婚というゴールに向けてどんな準備をすればよいのか、身だしなみやマナーなど9つのチェックポイントをくわしくご紹介します!

男性の婚活準備!身だしなみのチェックポイント

プロフィール写真やお見合い、婚活パーティーでの第一印象を決めるのは、やっぱり見た目です。

もちろん「容姿」はなかなか変えられませんが、「髪型」や「身だしなみ」に気をつかうだけで印象がぐんと良くなるんですよ!

1. 婚活する際のヘアスタイル、髪の手入れに気を配ろう

男性の場合、散髪に行くのは2か月に1回程度の人が多いでしょうか。おそらく多くの方が、「伸びてきたから切りにいこう」という感覚だと思います。

美容師さん(理容師さん)に、こんなヘアスタイルにしてほしい!などと細かく髪型の注文をつける人はそう多くないでしょう。しかし婚活にのぞむにあたってそのままではいけません。

婚活においてはヘアスタイルはその人の印象を左右する重要な要素のひとつだからです。

ヘアスタイルがオシャレだから結婚できるというわけでもありませんし、無理してオシャレなヘアスタイルに変える必要はありません。大事なのは清潔感。そこに、ちょっぴり若々しさをプラスできればベストでしょうか。

個性的すぎるヘアスタイルは避けるべき

真剣に結婚相手を探している女性が望んでいるのは「個性的な男性」な人よりも「堅実で常識的な男性」である場合がほとんど。本気で婚活を成功させたいなら、個性的すぎるヘアスタイルは改めましょう。

婚活で女性ウケしない、避けたほうがいいヘアスタイル
  • 金髪、かなり明るめのヘアカラー
  • 肩まで届きそうな長髪(ロン毛)
  • 角刈り、モヒカンなど、いかつい印象を与えるヘアスタイル
  • カラー、パーマは避けたほうが無難(ただし白髪染めはあり)

女性ウケするヘアスタイルにするには

女性ウケする男性のヘアスタイルと、ヘアケアについてご紹介しておきます。
もちろん女性によっても好みがあるので絶対そうとは言えませんが、多くの女性が好む髪型のパターンと考えれば参考になるはずです。

  • 基本は短めの黒髪がベスト(さわやかさ、若々しさ、清涼感をアピール)
  • ソフトモヒカン、ツーブロックなど、サイドを短くしてトップにボリュームを持たせたヘアスタイル(若々しさと、まじめすぎない印象が出せるのでおすすめ)
  • 白髪はそのままだとお手入れしていない感じになりがちなので、染めた方が良い(自分で染めるより、美容院で染めてもらうほうがベター)
  • スタイリング剤は使い過ぎに注意(髪がベタベタしていたり、スタイリング剤のにおいがきつかったりすると、イメージダウンにつながります)

薄毛の男性は、どうすればいい?

髪が薄くなってきた男性は、中途半端に髪を伸ばして隠そうとしたりカツラを使ったりすると、不自然でよけいに目立つ可能性がありおすすめできません。それよりも、堂々としているほうが、女性には魅力的に映ります!

どうしても気になる方は、帽子でカバーという方法もあります。オシャレなところもアピールできます(室内でかぶり続けるわけにもいきませんが)。

帽子の専門店でお店の人に自分の頭に合う帽子、似合う帽子をすすめてもらうのも手ですね。

自分に似合うヘアスタイルがわからないときは美容室のスタイリストさんに相談してみるといいでしょう。
プロなので、髪質や頭の形も見ながらアドバイスしてくれます。ただしあまり凝ったヘアスタイルや、スタイリングが大変そうなヘアスタイルは避けたほうがよいでしょう。

2. ファッションはお金をかけるよりも、清潔感をアピール

これまで服装にあまり気を使ってこなかった、という男性は婚活のために急におしゃれしようと思っても、うまくいかないですよね。

しかし何も芸能人のように着飾る必要はありません。
ファッションも、ヘアスタイルと同じで清潔感が一番大事と覚えておきましょう。

婚活で女性に敬遠されがちな男性のNGファッション

婚活するのにあまりに服装に気を遣わないのもいけませんし、派手にブランド品で身を包めばよいというものでもありません。

婚活の場において女性に敬遠される男性のファッションは、次のようなものです。

婚活ではNGな男性ファッション
  • 大昔に買った服を着続けている(まだ着られるから、と思っても、意外に裾がほつれていたり、毛玉ができていたりします……)
  • しわやヨレ、汚れの目立つシャツ、ズボン、履き古した靴
  • 派手な色使い、柄物の服など、目立ちすぎる服装
  • 全身黒でまとめたファッション
  • ハーフパンツ、ビーチサンダルなどTPOとズレたファッション(海ならOKかもしれませんが……)
  • 荷物がたくさん入った大きなバッグ、リュックを持っている(女性とデートするときは、できるだけ身軽にいきましょう)
  • パンツの丈や、ジャケットの大きさが体に合っていない
  • 全身ブランドで固めたようなファッション

女性にウケの良いファッションは?

女性はシンプルで清潔感があり、かつさりげなくオシャレな服装、ファッションの男性を好む人が多いです。
ブランド品など必要ではなく、ユニクロや無印で買った服で十分まかなえちゃいますよ。

  • ジャケットにチノパン、落ち着いた色のジーンズを合わせた「カジュアルダウン」した格好(ジャケットの下に、いつものシャツではなく、白いTシャツを合わせるのもアリ)
  • 白いニットセーターにグレーやネイビーのパンツといった、さわやかで清潔感のあるファッション
  • シャツ一枚のときは、白、水色、クリーム色といった、明るめの色を選ぶ
  • 色物や柄物を選ぶときは、上下どちらかに持ってくると無難(チェックのシャツに無地のパンツ、カラーパンツに白いシャツなど)

3. ファッションはTPOに応じた使い分けも必要

上で紹介したのは普段着として女性ウケがよいファッションの一例ですが、婚活においてはTOPに合わせた服装選びも大切なマナー。

お見合い、婚活パーティー、デートといったシチュエーションや、会場によってもふさわしい服装は異なります。

お見合いの場合は場をセッティングした、結婚相談所のカウンセラーに服装について尋ねてみるのがよいでしょう。

婚活パーティーに参加するときは、まず会場を確認。ラウンジやレストラン、貸し切りイベント会場なら、やっぱりスーツスタイルが基本です。

といっても仕事に行くときと同じ格好では、ビジネス感が出すぎてしまいます。シャツを色物、柄物(控え目なもの)にする、細いストライプ(こちらも目立たない程度のもの)が入ったスーツを選ぶといった、ちょっとした工夫で印象がアップしますよ。

居酒屋の個室やカジュアルなレストランが会場なら、かっちりしすぎる格好だと浮いてしまいがち。
カジュアルジャケットや、ネイビーやグレー、白のセーター、カーディガン、シャツに、チノパンかスラックス、といったファッションを選ぶとよいでしょう。

4. 男性の肌を女性は意外と見ている

男性の場合、スキンケアにほとんど気を使わない人も多いでしょう。ですが、意外と女性から「見られている」部分がお肌なんです。

お肌がきれいだと「自己管理ができている」「健康的」「清潔感がある」と、女性への印象がアップするんですよ!

肌荒れや吹き出物はきちんとケアすれば治ります。市販のお薬もありますが、面倒がらずに皮膚科を受診してみましょう。

生活や食生活の乱れも肌荒れの原因です。婚活を始めるにあたって、いちど生活習慣を見直してみましょう。体調も整って一石二鳥ですね。

最近は男性用の化粧水もいろいろ出ていますので、使ってみるのもいいでしょう。
といってもいきなり化粧水をつけるとかえって肌荒れする場合もあるので、「敏感肌用」といったマイルドなものから試してみることをおすすめします。

5. ヒゲをのばすのはあり?なし?

婚活ではヒゲを伸ばすより、きちんと剃ったておいたほうが無難です。

雑誌やテレビでヒゲをかっこよく伸ばしている男性もいますが、清潔感があってなおかつオシャレなヒゲに見せるには、結構な手間と努力が必要です。(ヒゲの形を整えるために、脱毛する人もいるそうです……)。

ヒゲが濃いことにお悩みの男性もいるかもしれません。そんな方は、医療レーザーによる「ヒゲ脱毛」にトライするという方法もあります。

ただし1回の施術で脱毛できるわけではなく(間隔をおいて10回ほど受ける必要がある)施術中は強い痛みもあります。

脱毛をするかどうかは、予算や時間との相談になるでしょう。

6. 「爪」「鼻毛」は案外忘れがちな身だしなみポイント

お肌以外で気をつけるべきなのは爪や鼻毛のお手入れです。爪と鼻毛は身だしなみに無頓着な人だとついつい伸び放題になってしまうもの。

ですがここも「清潔感」を左右するポイントです。まめにお手入れすることを心がけましょう。

エチケット、マナーもあらかじめ気を配っておこう

マイナビ・ウーマンの「最低限これだけは! 女性に聞いた「男性にせめてこれだけは守ってほしいエチケット」によると、女性は男性に「清潔感」だけでなく、「ニオイ」や「タバコのマナー」も気にしてほしいといいます。

自分では気づかなかったり当たり前のようにやっていたりすることが、女性にとってはNGだったりするので注意しないといけませんね。

7. 相手を不快にさせる口臭、体臭も自分では気づきにくい

お口のニオイや汗のニオイ、体臭は言われてみなければ「どのくらい臭うのか」わからないものです。自分ではわからないからと放置せず、デオドランド対策をしっかりしましょう。

食後は歯磨きをする、マウスウォッシュを使うといったちょっとした気配りがほしいところです。

体臭ケアには制汗剤やデオドランドクリーム、ボディシートなど、さまざまなデオドランド用品も出ています。コンビニやドラッグストアで手軽に購入できるので、ぜひ使ってみてはいかがですか?

ニオイ対策に香水の使用は?
香水やコロンなどはにおいがきつくなりがちですし、女性の好みも分かれるところなので、使わないほうが無難です。

8. タバコのマナーの注意点

タバコの臭いが嫌い、タバコの煙が苦手な女性は少なくありません。
吸わない人はタバコの臭いには敏感なものです。タバコを吸う本人だけでなく、近くにいる人の服装や髪にも臭いは移ってしまうのが嫌だという女性もいます。

タバコを吸う男性にとって、婚活、結婚のため(そして今後の健康のために)だといっても禁煙するのはそう簡単ではないですよね。

デートのときなどはタバコを吸わないほうが無難ですが、どうしても我慢できない場合は「タバコを吸っても大丈夫ですか?」とお相手に尋ねるようにしましょう。

断りもなくいきなりタバコを吸うといったマナー違反はやめましょう。
「気遣いや優しさのない人」だと思われかねません。

9. 太っている人は、痩せたほうがいい?

太っている人は、女性に「健康管理ができていない」と思われがち。痩せたほうがいいかどうか?と言われたら、痩せたほうがいいです。でも、急なダイエットで体調を崩したり、イライラしたりすると、婚活に逆効果ですよね。

婚活を始める前に体重を落とすのは難しいでしょうから、ここは頑張って婚活しながら食事や運動に気を配ってほしいと思います。

この機会にジムやプールに通ってみるのもいいかもしれません。そんな努力も、女性へのアピールポイントになるんですよ。

まとめ:「自分」は急に変えられない。でも努力で印象は良くできる!

まとめ

いままで普通にやっていたこと、やってこなかったことが婚活の成否に影響を与えるということがお分かりいただけたでしょうか。

習慣は簡単には変えられませんが、心がけひとつで印象が大きく変わることもあります。

「寝癖を直す」「アイロンのかかったシャツを着る」「靴を磨く」「制汗剤を使う」といった、ちょっとしたことが違いを生みますし、婚活成功への鍵になるかもしれないんですよ。

もちろん婚活では「見た目」がすべてではなく「中身で勝負」すべきなのですが、お相手へのマナー、気配りのひとつとして、服装やヘアスタイル、お肌のことなどを考えてみてほしいと思います。

そういう配慮も女性はきちんと見ているものですし、あなたという人間への好感度も高くなるはずです。

印象をアップするポイントとしては繰り返しになりますが「清潔感」を出すこと、これが一番です。

無理してオシャレしよう、カッコよくなろう、などと気負わなくても大丈夫です。自分にできそうなところから、少しずつ手をつけていきましょう!