婚活の費用は平均いくら?男女別の違いや婚活方法ごとの費用比較も紹介

婚活費用は平均いくら?

婚活にはそれなりのお金がかかります。

もちろんどの婚活サービスや業者を使うかによって金額は変わってきますが、結婚相談所も婚活パーティーも婚活サイトも、利用するためにはそれぞれ入会金や登録費、イベント参加費、成婚料といった費用がかかります。

洋服代や美容代、デート代(食事代、交通費)といった費用もみておくべきでしょう。

じゃあ婚活って総額どのくらいの費用がかかるの?そうお悩みのあなたに婚活にかかるお金についてくわしくまとめてみました。

結婚相談所を利用する場合

まずは結婚相談所の費用について見ていきましょう。
結婚相談所にかかる費用としては、入会金、月会費、成婚料といったものがあります。

入会時に支払う初期費用

結婚相談所に入会するときには、以下のような費用を支払うことになります。

結婚相談所登録時にかかる費用の例
・登録料 ・初期費用 ・情報選択料 ・活動サポート費 ・登録手続費文章

名称は各相談所によって異なりますが、プロフィールの作成や、会員情報の登録に必要な費用と考えればよいでしょう。

結婚相談所別の初期費用の例 ※金額は税抜

  • ツヴァイ コンシェルジュコース
    登録料30,000円+初期費用95,000円=125,000円
  • パートナーエージェント
    登録料30,000円+情報選択料50,000円+活動サポート費65,000円=145,000円
  • IBJメンバーズ
    登録料30,000円+活動サポート費135,000円=165,000円

初期費用として、平均的に10~20万円ほど(20万円以上の相談所も)みておく必要がありそうです。

結婚相談所を利用中にかかる費用(月会費など)

結婚相談所に入会し、いざ活動となったときにかかる費用が「月会費」です。登録している期間、継続して支払うことになります。

結婚相談所別の月会費の例 ※金額は税抜

  • ツヴァイ コンシェルジュコース
    月会費16,000円(お相手を月2名以上紹介、月平均7.5名)
  • パートナーエージェント
    月会費9,500円(年間のお相手紹介人数12名まで)
  • IBJメンバーズ エントリーコース
    月会費15,000円(お相手紹介は無料、お相手への申し込み10名/月まで)

結婚相談所の月会費は、1万~2万円が平均的ですが、なかには1万円以下のリーズナブルな相談所もあります。

ほとんどの相談所が、ひと月に紹介する人数・お見合いの回数にあわせたプランやコースを設定しています。
どのコースを選ぶかで、月会費の金額は多少変わってくることになりますね。

月会費以外にお見合い料がかかる相談所もある

月会費の代わり、あるいは月会費とは別に、お相手と「お見合い」するたびに「お見合い料」を支払うシステムの相談所もあります。

お見合い料は、お見合い1回につき5,000円~1万円程度が相場になっています。

結婚相談所は入会してすぐにお相手が見つかって、ゴールイン!というケースは残念ながら少ないと思います。

ですからある程度の期間、例えば半年くらい、月々これだけの金額を払い続けられるかどうか、その予算を用意できるかを結婚相談所に入会する前に考えておく必要があるでしょう。

結婚が決まったときに支払う費用

結婚相談所で紹介されたお相手と結婚が決まったときに支払う費用もあります。
「成婚料」と呼ばれるものです。

成婚料は無料のところから非常に高額のところまで、相談所によって大きな差があります。

成婚料の例 ※金額は税抜

  • ツヴァイ:無料
  • パートナーエージェント:50,000円
  • IBJメンバーズ:200,000円

高い成婚料が設定されているからと入会をためらう方もいるかもしれませんね。
ですがそのぶん月会費が安く設定されている場合もありますし、サービスやフォローが手厚い場合可能性もあります。

結婚相談所にとっては成婚料はある意味成功報酬ですから、「会員の早期成婚」を目指して力が入る、ということもあるんですよ。

入会する相談所を決める際は、初期費用や月会費の総額はもちろん、費用に含まれるサービスを確認して比較してみることをおすすめします。

婚活パーティーを利用する場合

では次に、婚活パーティーの費用を見ていきましょう。

パーティー参加にかかる費用

婚活パーティーではほとんどの場合、女性より男性が支払う参加費のほうが高額になります。

婚活パーティー参加費の例 ※金額は税抜

  • エクシオ
    男性:4,000円、女性:1,500円
  • パーティー・パーティー
    男性:5,500円、女性:3,000円
  • ゼクシィ縁結びパーティー
    男性:5,500円、女性:5,000円

これを見ると、婚活パーティーの参加費は平均的に男性は4,000~5,000円程度、女性は数千円くらいでしょうか。

参加者の年収や年齢、人数が制限されているパーティーや、食べ放題・飲み放題のパーティー、スポーツ観戦や旅行といった趣味を楽しむパーティーなど、パーティーの種類によって参加費は変わってきます。

婚活パーティー参加費以外の費用

婚活パーティーにかかる費用は、基本的に参加費のみです。
参加すれば(連絡先交換や、カップル成立までいくかどうかは別として)確実に異性との出会いはあるわけですから、自分の予算とスケジュールが許すなら、ほかの婚活サービスと併用して利用するのがおすすめです。

パーティーで気になった相手とうまく連絡先交換ができなかったときや、もう一度アプローチのチャンスが欲しいという場合、別途料金を支払えば(例えば、1回につき3,000円)、アフターフォローが受けられるサービスを提供している婚活業者もあるようです。

婚活サイトを利用する場合

婚活サイトは結婚相談所などほかの婚活サービスに比べて、利用料金が安いというイメージを持たれる方が多いです。

では実際のところはどうなのでしょうか?

月額会費

婚活サイトへの登録にあたって「登録料」や「入会金」が必要なサイトはほとんどありません。

婚活サイト利用にかかる費用のメインは「月額料金」になります。
代表的サービスの月額料金は次のようになっています。

婚活サイト 月額利用料の例

  • エキサイト婚活
    1か月プラン:3,780円
    6か月プラン:13,500円(1か月あたり2,250円)
  • ブライダルネット
    月会費:3,240円
  • ユーブライド
    スタンダード3か月プラン:8,910円(1か月あたり2,970円)
  • ゼクシィ縁結び
    1か月プラン:4,298円
    6か月プラン:21,384円(1か月あたり3,564円)

基本的にどの婚活サイトも、長期のプラン(何か月分かまとめて支払う)に申し込むと、月額料金がお安くなるよう設定しています。

最初は1か月利用してみて、様子を見て長期のプランに申し込むという方も多いようですね。

無料会員と有料会員

婚活サイトでの婚活ってどんな感じなのかちょっとサービスを利用してみたい、という人のために「無料会員制度」を設けているサイトもあります。

もちろん、無料会員で利用できるサービスは限られています。
例えば「ゼクシィ縁結び」では、「お相手検索」と「1通目のメッセージの送付」までは、無料で利用できるようです。

無料会員では本格的な婚活はできませんが、サイトが使いやすいかどうか、どんな人が登録しているのかといったことをチェックするのに、無料会員になってみるのもいいかもしれませんね。

このほか、見ておいたほうがいい費用

婚活に取り組む上で結婚相談所、婚活パーティー、婚活サイトといった婚活サービスの利用費以外にも、かかってしまう費用はあります。

お相手への印象アップのために身だしなみやファッションにもお金をかけないといけませんし、デートをするにもお金がかかるということです。

身だしなみには、お金をかけたほうがよい?

身だしなみにかかるお金としては、洋服代、美容院代(散髪代)、化粧品代、エステ代などがあげられるでしょう。

こういった費用は平均いくら、とは言い難いものです。
かけようと思えばいくらでもかけられますから、女性のなかには月に何万も、洋服や化粧品代につぎ込む人もいます。

ただしお金をかければかけるほどいい、というわけでもありません。
婚活を始めるときに洋服を全部買い替えたり、デートのたびに着飾ったりする必要もありません。

身だしなみで大事なのは「清潔感」を保つこと

服装がおしゃれに見えるかどうかよりも、清潔に見えるかどうかを意識しましょう。

男性の場合、自分では髪やお肌のお手入れをしているつもりでも、うまく処理できていないということもあるでしょう。

眉毛やヒゲのお手入れをしてくれる美容院やサロンもありますから、試しに利用してみるのもいいかもしれませんね。

婚活は、出会いがなければ始まりません。
婚活サービスにまわす費用を優先して、自分の収入やその他の出費と照らし合わせて、無理のない範囲で身だしなみにお金をつかうようにしましょう。

デートにもお金がかかる?

デートにかかるお金としては食事代、交通費、映画のチケット代や美術館、パークなどへの入館料などがあります。

食事代はお茶やランチなら、ひとり1,000~3,000円程度ほどみておけばよいでしょうか。
何度かデートを重ねた後の勝負デートでは、高級レストランに行くようなことも想定しなければいけません。

交通費に関してはお相手とどこで会うかによって変わってきます。
全国展開している結婚相談所や婚活サイトで出会ったお相手が、かなり遠方に住んでいる方だった、ということもあります。

そうなるとデートのときの交通費も、ある程度の出費になってくるでしょう。

デートの支払いは男性もちが基本?

食事代などの支払いを毎回男性がすべきかどうか、という問題ですが、これはお相手次第としか言いようがありません。

もちろんすべての女性が、「奢ってくれない男性はケチ」だと考えているわけではありませんし、「割り勘」が当たり前という女性もいます。

ですがとくに最初のデートでは、食事代などは自分(男性)がすべて支払うと決めておけば、支払いのときに悩んだりもたもたしたりすることもなく、次のデートにもつながりやすいと思います。

まとめ:婚活どこまで費用をかけられるか、事前に考えておくことも大事

まとめ

ここまで見てきたように、婚活にはさまざまな費用がかかります。
思っていたよりも、お金がかかる……と思われた方もいるかもしれませんね。

婚活にかかるお金を考えるうえで意識しておきたいのは、「あれこれ手を出しても、切りがない」ということです。

経済的に余裕があるからといって、手当たり次第にあちこちの結婚相談所や婚活サイトに登録すると、かえって効率が悪くなることもあります。

また高い費用がかかるから、サービス内容も良いとは限らないこともポイントです。
婚活サービスと自分との相性もあります。一定期間、同じサービスをじっくり利用してみることをおすすめします。

婚活をするならどんなに節約しても最低限かかる費用があります。
ある程度の時間とお金をかけることは、覚悟のうえで婚活に臨みましょう。

自分の将来への投資、と考えてみるのもいいかと思います。
とはいえ金銭的に無理のない婚活をすることが婚活を続ける秘訣であり、成功への近道だと言えるでしょう。