1. ホーム
  2. みんなの婚活事情
  3. みんなの婚活体験談
  4. ≫結婚相談所の婚活暴露 | バツイチ子なしの再婚

結婚相談所の婚活暴露 | バツイチ子なしの再婚

揉める男女

「最初の結婚は、本当に勢いでしてしまって。やっぱり少し後悔しています。」

すみれさん(仮名)はバツイチです。いまどき珍しく、大学生のときに学生結婚したそうです。一見クールなすみれさんですが、聞くところによると、大恋愛だったそうです。
子供がいるわけでもなかったので、二人とも大学を辞めることもなく、揃って大学院に進みましたが、院一年目にすみれさんが就職活動をはじめた頃からすれ違い始め、修了と同時に離婚しました。元旦那さんは大学院に残って、バイトをしながら研究を続けているそうです。

「これまでの婚活は順調でしたか?」

「何もしていません。なんだか疲れてしまって。」

「大恋愛後の離婚ですから、燃え尽きてしまったのでしょうか。」

「そうですね。たまにお見合いイベントに出たりはしてるんですけどね。」

「どんな感じのイベントに参加されたのですか?」

「史跡めぐりバスツアーとかですね。あんまり切羽詰った婚活パーティーはついてけないんですけど、マニアックなのは面白いので。鉄道オタクみたいな人が一生懸命話してくれて。普通のお見合いパーティーって口下手な人が必死で社交的になろうとしてる感じで痛々しいんですけど、マニアック婚活パーティーは女性との付き合いに慣れてない人でも楽しそうにしているから、こっちも楽しいんです。」

「そこから先に進んだりする可能性はなかったんですか?」

「がつがつしたくないから、あれこれしなかったんです。生活に困ってるわけじゃないし、子供がいるわけでもないから、しなきゃ、って感じにはならないのがいけないのかもしれませんね。」

すみれさんは修士課程修了後非常勤で高校に一年勤めた後、予備校講師を5年、その後開業しました。少人数精鋭の学習塾。38歳のいまは、市内に5つ教室を持ってます。かなりの高収入です。

「逆玉願望の男子とかはいなかったのでしょうか?」

「ないですよ!何しろバツイチだし。20代のバツイチだったら良いですけど、30代のバツイチですからね。なんというか、同年代の素敵な男の人をみると、もっと良い子がいるから手を出しちゃ悪いって思っちゃうんです。生活は楽しいし、がつがつして周りと競争して、穏やかな生活の楽しみを損ないたくないんです。月に2回くらいマニアック婚活パーティーに出て、若い人たちと会話を楽しんで、その後もメールでいろいろ教えてもらって。それだけで結構充実してるんですよね。」

バツイチということに負い目を感じているので、ネガティブになってしまっている印象を受けます。すみれさんは結婚相談所の登録時にお母さんが一緒に見えたケースでした。ご本人が婚活にあまりに乗り気でない分お母さんは心配らしく、あれこれ世話をやいておられました。

男女で違う「結婚に焦る時期」

 加齢に対する反応は男性と女性じゃ正反対なんです。女性は40歳が近づいてくると、結婚にガツガツしなくなります。女性が一番結婚したいと焦るのは、30代前半。これは、周囲の女友達の多くが駆け込み結婚して、遊び相手が激減、周りの新婚さんがみんな楽しそうで、自分だけ取り残された気がするからです。

 こうした結婚の波が大体35歳くらいまで続きますが、30代後半になると減っていきます。結婚10年目までは、旦那や婚家と上手くいかない、子供ができない、子供ができたが言うことを聞かない、子供は出来たが旦那が子育てを手伝わない、といった様々な愚痴が噴出する時期。
 先に結婚した友達の苦闘をみるにつけ、結婚熱が冷めるのが、40歳前後なんですね。すみれさんのように、バツイチで自分自身苦闘の経験があればなおさら再婚への情熱が冷めてしまうのですね。

 一方、男性のほうは、40歳を過ぎると本格的に焦りだします。30代は男性婚活の花形。女性と違って焦りは殆どないのですが、40代に入ると事情が変わってきます。本人の体型なども変わってきますが、一番大きいのは、両親が70歳代に突入することです。
 30代なら介護はまだ将来の話ですが、40代となると近い将来の問題です。こうなると、完全に問題を抱えてしまう前に、最後の恋愛をしたい、と思う人が多いんですね。年齢的にフィットする女性との考え方のズレをどう埋めるかが課題になってきます。

バツイチ子なしは再婚しやすい

 バツイチでも子供がいると中々婚活がうまくいかないことが多いのですが、子供がいない場合は殆ど影響がないと考えても良いでしょう。一度離婚を経験しているぶん慎重ですし、「二度と失敗はしない」という強い意思が感じられますから、良い相手を引きつけやすいんです。

 すみれさんはお見合いには殆ど乗り気ではありませんでしたが、お見合い相手には事欠きませんでした。おっとりした性格と高い経済力はパーティーなどでは悪目立ちしたようですが、結婚相談所では安定した人気だったので、月々お見合いをこなしていました。
 カップル成立の報告を受けたのは登録から4か月目。6歳年下の学校の先生です。翌年早々婚約をして、現在再婚準備中です。

離婚増加の現在バツイチは悪条件ではない?バツイチが再婚するために必要なこと