1. ホーム
  2. みんなの婚活事情
  3. みんなの婚活タイプ
  4. ≫熟年離婚・熟年再婚で再出発!熟年再婚するために必要なこと

熟年離婚・熟年再婚で再出発!熟年再婚するために必要なこと

50代女性の婚活
 熟年離婚とそれに伴う熟年再婚は着実に増えています。特に、2008年に年金分割制度が導入され、専業主婦だった人でも離婚後年金が受け取れるようになったことが、女性側からの離婚申し出を後押ししました。その結果、40代の後半から50代、60代での離婚、そしてその後の再婚が特別なことではなくなってきました。

熟年再婚が大盛況!

 この10-20年間で婚活という言葉が大いに広がりましたが、その間に熟年層の再婚も3倍近くまで増大しています。熟年層をターゲットにした婚活お見合いパーティーも頻繁に催されるようになりました。30年位前には考えられなかった光景です。

熟年離婚・熟年再婚でトラブルも

 ただし、制度的には以前より簡単になったとはいえ、熟年に達してからの離婚・再婚には熟年なりの困難も伴います。前もって、起こりうるトラブルを想定しておくことで避けられることも多いので、再婚活に踏み出す前に、何が必要かを慎重に考えておきましょう。

熟年再婚の前に家族と話し合おう

 熟年になって再婚する場合、離婚した旧家族との関係をクリアにしておくことがまず大切です。離婚後も子供たちと同居している場合は、同意を得てから婚活に乗り出すようにしましょう。こっそりと婚活をして、急に再婚相手を連れてこられては、子供たちも戸惑うことになります。

 また、最初にしっかりと同意を取っておかないと、後々相続問題などが起こる可能性も出てきます。離婚しても再婚しても、娘や息子との関係が断ち切られるわけではありませんので、自分の遺産の行き先や生命保険の受け取り手を決めて文書にしておくことが、相続のごたごたを避ける上で大切です。

 再婚相手が見つかった場合は、相手の子供たちや親せきと問題が起こらないように、できれば第三者を交えて話を進めましょう。財産など殆どないという人も、年金や保険金はあるはずですので、意思の確認は慎重に行いましょう。

別居中で離婚手続きはまだ・・・結婚相談所で婚活できる?
簡単には別れられない!離婚成立するまでの辛い道のり

熟年婚活に介護問題はつきもの

 もう一つ、熟年世代の再婚につきもののトラブルが、介護問題です。熟年での再婚を希望する人の中には、自身の健康に不安を抱えている人が少なからずいます。自然の成り行きでそうなった場合は仕方ありませんが、最初から最期を看取ってほしいと思って再婚相手を求めるような人もいます。
 せっかく結婚したのに、いきなり介護生活は想定していなかった、というようなことにならないために、いざという時の対応(介護施設の利用など)も話し合っておくと安心です。

 熟年になってもう一度相手を見つけたい、という人が増えてきています。同じ希望を持った人と、婚活を通じて出会い、もう一度幸せを掴みましょう。