1. ホーム
  2. みんなの婚活事情
  3. みんなの婚活タイプ
  4. ≫「晩婚」という幸せな選択をしたあなたにおすすめの結婚相談所

「晩婚」という幸せな選択をしたあなたにおすすめの結婚相談所

手をつなぐ夫婦

晩婚って、なに?

 「晩婚」という言葉がありますが、昭和の時代と現代とでは意味が大きく違ってきました。昭和40年代までは、20代後半での結婚は「晩婚」でした。当時、女性の平均初婚年齢は20代前半、男性で20代半ばくらい。30歳を過ぎて結婚していないと「結婚が遅い」と心配されたものでした。

 現在の平均初婚年齢は女性でも29歳、男性は30歳を超えています。離婚率もあがっているので、結婚していない30代など珍しくない社会になっています。

「晩婚」世代の婚活事情

 では、当の30代が結婚したがっていないのかというと、そんなことはありません。結婚なんてしたくないという人は、30代では男女とも少数派で、何となく機会がないまま30歳を超えたけれど、できれば結婚したい、子供も産みたい、という人が多数です。そういう人々が、スタートダッシュの遅れを取り戻すべく、人一倍の努力をして婚活に参入しているわけですね。

「晩婚」の方は、自分のやりたいことをやってこられた方が多く、若いときのようにノリで結婚するなんてことが少ないことから、「幸せな結婚生活を掴む事ができる」と言えるでしょう。

幸せな晩婚を後押ししてくれる婚活って?

 女性で35歳以上、男性で40歳以上から婚活を始めるのなら、アドバイザーのいる結婚相談所に登録するのがお勧めです。一番おすすめなのは、年代別にコースが設定されているような相談所。または、35歳以上を最初からターゲットにしている結婚相談所です。
 このタイプの相談所なら、男女双方に婚活の現状を説明してくれるアドバイザリースタッフがいますので、お見合いのセッティングもスムーズです。相談員のいない相談所ですと、30代後半以上は出会いが少なくなってしまいます。

 「もう少し気軽に始めたい」ということでしたら、イベント婚活のように自分の個性をアピールできるものも良いでしょう。男性で経済力に自信がある人なら婚活バー、女性でキャリアのある人なら異業種交流会を試してみるのもおすすめ。
 どちらにしても、できるだけ早くトライすることが大事です。パーティーやコンパ形式の婚活では、35歳以上はどうしても不利になってしまいます。一般のお見合いパーティー、街コンなどは若い人が多いので、収穫はあまり見込めません。

結婚相談所 VS 婚活パーティー >

晩婚だから…と消極的にならないように!

 晩婚というのは、文字通り、晩い結婚のことですが、最初に書きましたように、遅い早いは比較の問題です。若い人の多い婚活パーティーや相談所では、30代でも「高齢」になってしまいますが、中高年層を主体とした相談所なら30代、40代でも「若年層」です。
 30代以降で婚活に乗り出した人は、これまで年齢がネックになっていたと思いますので、思い切って中高齢者のサークルに入り、その中の若手になってみると気分が変わって楽しめるものです。

 晩婚や中高年という言葉に対する偏見を捨てて、一歩前に踏み出してみませんか?