1. ホーム
  2. みんなの婚活事情
  3. みんなの婚活タイプ
  4. ≫結婚後も共働き希望!キャリアウーマンと結婚するために必要なこと

結婚後も共働き希望!キャリアウーマンと結婚するために必要なこと

仕事をする女性
 昔は結婚したら家庭にはいるのが当たり前でしたが、今の時代は共働き世帯も増えています。女性が活躍できる社会になった、という前向きな意味としても捉えられますし、男性の収入だけでは不安…なんて後ろ向きな意味も多少あるかもしれません。

 共働き世帯が増えている中、どんな婚活をして、どんな相手を見つけ、どういう結婚生活を送るのがいいのでしょうか。

時代は共働き!

 今、日本の20代から30代では、男性も女性も6割以上が結婚後の共働きを希望しています。現在の社会経済事情を考えると、よほど男性の収入が高くない限り、妻が働く家庭と働かない家庭では生涯賃金に大きな差が出てくるのが最大の理由です。特に、景気がよくないときは、専業主婦家庭でギリギリの生活をするより、共働きで収入を増やし、余裕のある生活をと考えるのが自然です。

 中には専業主婦希望という方もいますが、残念ながら時代の波は共働きに偏っていて、専業主婦になることは簡単ではありません。
結婚後専業主婦になりたい女性達 >

仕事でストレス発散

 女性としても、専業で家にいるとママ友との付き合いに振り回されたり、子供の学校の役職を押し付けられたりでかえって疲れてしまうため、働ける限りは働きたいと考える人のほうが多数です。
 特に、専門職などでフルタイムの仕事を持っている女性は、結婚後もキャリアアップできるような家庭を求めています。

男性も共働き希望?

 男性のほうも、こんなふうに積極的に仕事にかけるキャリアウーマンと家庭を持ちたいと思う人が増えてきています。妻になる人の収入が安定していれば、自分の使えるお金も増えますからね。では、こういう女性を口説くには何が必要なのでしょうか?

キャリアウーマンに受ける男性力とは

 フルタイムで働く女性と結婚するのであれば、やはりある程度の家事分担を引き受けることが前提となります。たとえ女性側が多くを望まなくても、妻となる人の健康面を考えれば炊事、掃除そして、子供ができたら育児など、一通りの家事は身に着けておきたいものです。
 家事を身に着けておくのは、奥さんのためだけではなく、奥さんが病気になったりしたときに困らないという利点もあります。

 また、精神的な面でもバックアップも大切です。女性が第一線で働き続けるのは精神的にも肉体的にも重労働です。疲れているとき、落ち込んでいるときに、いたわってあげられるような、人としての大きさが求められます。キャリア女性が男性に求めているのは、経済力ではなく、包容力、癒し力といった本物の男子力なのです。

低年収だけど大丈夫?

 婚活の場で、相手がテキパキしたキャリアウーマンで、収入も自分より多かったりすると、臆してしまう男性がいますが、当の女性たちは、そんなに気にしていません。
 女性の場合、年齢が上がって収入が上がると、かえってカップリングが難しくなる傾向にあります。特に、高学歴で高収入な人が高年齢に達すると、男性が尻込みしてしまうのです。キャリア女子との結婚を狙うなら、こういう女性こそ狙い目です。こういうタイプの女性には、臆することなく男性的な優しさを示していきましょう。