1. ホーム
  2. みんなの婚活事情
  3. みんなの婚活の悩み
  4. ≫婚活していても決め手がなく相手を好きになれない・・・私っておかしい?

婚活していても決め手がなく相手を好きになれない・・・私っておかしい?

婚活する女性
 熱心に婚活していて、適当に反応もあるのに、そこから一歩踏み出せない。相手はいろいろアプローチしてくるのに、自分の気持ちが動かない。婚活しているはずなのに、活動が前に進まない。
 自分はおかしいのでは、なんて思ってしまう。そんなとき、ありませんか?

一歩踏み出すのはとても難しいこと

 せっかくの婚活、時間を無駄にしているのではないかと心配になりますが、大丈夫です。こういう感覚は誰にでもあること、少しもおかしなことではないです。どんな活動でも、熱中していると活動そのものに体が慣れて、自然に動けるようになります。周囲との調和も上手く取れるようになります。

 いきなり次のステップに進むのは、とても難しいことなので、焦らないでくださいね。焦れば焦るほど踏み出しにくくなりますので、まずは落ち着きましょう。自分の気持ちを婚活に向かって動かしていけるように、整理してください。
プライドと思いこみが結婚にブレーキをかけているかも? >

まずは婚活を楽しくしよう

 婚活でいうと、パーティーに出たり、相談所を通じてお見合いをしたりして、どれでもそこそこ手ごたえがつかめると、婚活そのものは楽しくなります。
 会話もスムーズにできるようになり、自分を感じよくみせることにも長けてくるからです。まずは楽しんでみましょう。

現実的な問題を考えて、次の一歩を踏み出そう

 この状態が長引いてくると、婚活(結婚活動)そのものが目的になってしまい、本来の目的である結婚に踏み出すことが億劫になってしまいます。これは当たり前のこと。婚活を始めるまでは、どんな人と知り合い、どんな交際をするか全くわからないので、むしろ楽に将来像を想像できました。
 だから、戸惑うことなく、前に進めたんです。何も知らなければ、迷うことはないですからね。

 学校のクラブ活動でも同じようなことがありませんでしたか?クラブ活動をしようと思い立ったときに迷うのは、せいぜいどのクラブに入ろうか、どんなウェアを買おうかというような基本的なことです。
 ところが、上達して上級の試合などにもでるようになると、勉強との両立や経済的な点、現実的な問題がたくさん出てきます。上達すればするほど、簡単に決定できることはほとんどなくなってくるのです。

 婚活も同じです。活動が進むと、想像していなかった現実的な問題が次から次へとでてきます。次に進むためには「決心」しなければならないので、戸惑って当然。特に、候補者が複数いて、そのいずれにも一長一短がある場合など、どうしていいのかわからず、前に進むことができなくなります。

相談して前に進もう

 こんなときは、一人で悩まず、信頼できる人に相談するのが一番です。結婚は自分一人の問題ではないので、家族に相談するのも一つの方法です。家族と相談する習慣がないのでしたら、結婚相談所などでプロの意見を聞くのも有効です。
結婚相談所選びのポイント >

 私、おかしいのでは、なんて悩んでいないで、悩みがあるのも次へのステップアップのためと考え、ポジティブにとらえましょう。