1. ホーム
  2. 結婚相談所情報
  3. 結婚相談所の雑学
  4. ≫クーリングオフで結婚相談所を解約する方法

クーリングオフで結婚相談所を解約する方法

書類
 タイミングと気持ちが重要になってくる婚活。結婚相談所に入会の申し込みをしたものの、タイミングよく身近に真剣なお付き合いができる相手が見つかったり、気が変わったりということもありえます。また、急に転勤が決まったり、仕事が忙しくなってしまうなんてことも。そんなときに、損することなく解約する方法が「クーリングオフ制度」。
 結婚相談所も他のサービスと一緒で、クーリングオフ制度を用いて解約する事ができます。このクーリングオフでの解約について、詳しくご説明します。

クーリングオフが適用される期間

 クーリングオフ制度を用いて解約をした場合は、支払った金額の全額が返金されます。気をつけたいのは、商品によってクーリングオフの期間が違うという事です。
 例えば内職商法やモニター商法などの買取やマルチ商法での商品購入のクーリングオフ期間が20日であるのに対し、結婚相談所は8日間となっています。なお、申込み書面と契約書面など書類が二部ある場合は早いほうの日付が適用されるので注意が必要です。

 クーリングオフの期間が過ぎてしまっていても、万が一書類に不備があった場合はクーリングオフできる場合もあるので、期間が過ぎている場合も一応書類を確認してみるといいかもしれません。

悪質な結婚相談所に注意!

 クーリングオフができないなど虚偽の申告をしたり、脅すなどの悪質な方法でクーリングオフを妨害したりする結婚相談所も報告されています。こういったケースは期限が過ぎてもクーリングオフが可能です。連絡をする場合は念のために通話を録音するのも非常に有効でしょう。
悪徳結婚相談所を見分ける4つのポイント

クーリングオフで解約する方法

 内容証明で書類を送ると郵便局に控えが残りますが、一応手元にも控えを作り保管しておきましょう。こういった作業は難しそうなので弁護士を使った方がいいのか迷われる人もいますが、自分で簡単に作成する事が可能です。わかりにくい点などあれば消費者センターなどに問い合わせて確認してみると良いでしょう。
 クレジットカードで支払いをした場合は結婚相談所と、信販会社あてに内容証明と配達記録をつけた状態で契約解除書類を送ります。

 書類はクーリングオフ期間内である8日以内に配達されている必要があります。やっぱり解約しよう、と思い立ったらすぐに行動しましょう。