1. ホーム
  2. 結婚相談所情報
  3. 結婚相談所の雑学
  4. ≫ピッタリの相手に出会える、データマッチングシステムについて

ピッタリの相手に出会える、データマッチングシステムについて

仕事をする女性
 結婚したいけど出会いがな~い!最近流行の「婚活」にはあるけど色んな種類のやり方があるみたいで、何がいいかわからない…という人には比較的気軽にできるデータマッチング方式で婚活するのもいいかもしれません。データマッチング方式の婚活とはどのようなものなのか、ご紹介します!

データマッチング方式の婚活、2つの種類

 データマッチング型とは、条件を設定して、その条件にあった人を検索して出会えるタイプの婚活方式です。
 例えば、「非喫煙、00歳、自営業、登山が趣味」などかなり細かく指定して相手を探せるので、自分に合いそうな人を見つけることが簡単にできそうですね。データマッチングも二通りあり、ネットで自宅に簡単にできるタイプと、結婚相談所でアドバイスを貰いながら効率的に紹介してもらう事ができます。

結婚相談所でデータマッチングを利用する場合

 結婚相談所を利用するときちんと独身証明書を提示したり、身分証を確認したりと、匿名性が少なく安心して異性と会えます。ただ比較的お値段が高めな設定になっていますが、それも安心を買うと思ったらそれほど高くないでしょう。

ネットタイプでデータマッチングを利用する場合

 もう一方のネットでデータマッチングを利用するタイプに関しては、家や外出先でスマホで気軽に出来る事から会員数は多いのですが、玉石混交な一面があります。
 婚活を真剣にしている人で登録する人は多いのですが、身分証や独身である証明が求められない場合も多い故に、実は結婚している人や、単に遊び相手を探している人など実際は婚活していない人も簡単に登録する事ができる点です。身分証の提示がないので身分を偽る事も容易に可能ですし、実際に出会い系サイトと変わらないクオリティーの婚活サイトも多数存在します。

 特に利用料が無料だったり、身分確認がないサイトに関しては気軽に利用できる反面、どんな人が登録しているのかの透明性に疑問がある場合もありますので、登録するのが少し面倒、くらいのサイトの方が逆に安心して利用できると言えるでしょう。

結婚パーティーでやり逃げされた…結婚相談所でもやり逃げってあるの?

データマッチングシステムのメリット・デメリット

 データマッチング型で婚活する場合は番号交換から会うまで、それからの展開などもセルフで頑張る形になるので、あまりにも人見知り…などの場合は向いていない場合もあります。
 メリットとしては、自分に合いそうな人を効率的に探すことができるという点ですが、裏を返すと、条件が多すぎると絶対数が減って行くという点です。メリット・デメリットを踏まえて、自分に合うかどうか考えてみてくださいね。

婚活に疲れた・・・結婚相談所のデータマッチングシステムで婚活を楽しさに変える!