1. ホーム
  2. 結婚相談所情報
  3. 結婚相談所の雑学
  4. ≫結婚相談所からの勧誘電話の対応方法

結婚相談所からの勧誘電話の対応方法

スマホを持つ女性
 結婚相談所から電話がかかってきたらどうしよう、と心配する人は少なくないと思います。家族にも内緒にしていたいし、入会するかどうかはゆっくり決めたいものです。携帯電話の番号を明記すれば家族にバレる心配はりませんが、勧誘電話がかかってくると気分が良いものではありませんよね。結婚相談所からの勧誘電話はどのように対応するのが正解なのか、考えていきましょう。

勧誘電話はどうしてもかかってくる

 資料を申し込んだり説明会に顔を出したりすると、興味がある人と見なされる(興味がなかったら資料を申し込んだり説明を聞きに行かないです)でしょう。その後入会したいという連絡がない場合は、検討してもらっているのかどうか、またあなたが迷っている場合は、背中を一押しして入会してもらおうと連絡を入れてくるのはビジネス的な視線で見たら当然の運びかと思います。

勧誘電話には焦らず対応しよう

 小規模な結婚相談所や、担当が電話するシステムの結婚相談所の場合はあなたが話した担当から連絡が入りますし、大規模な結婚相談所などだと、相談所と提携しているテレアポ業者などがあり、アポインターがあれよこれよと上手く勧誘してきます。
 とは言っても何も恐れる事はありません。勧誘電話なんてよくある事ではありませんか。固定電話を引いている家庭のほとんどでは、毎日のように迷惑な勧誘電話がかかってきます。でも大体の人は電話を無視したり、要らないものを奨めてきたら要らないと言いますよね。それと一緒です。

 実際に連絡があったら、「数社の間で検討しているので決まったらこちらから連絡するので連絡は控えて下さい」とか、「手漉きの時に連絡するのでメールで連絡して欲しい」と言えばいいのです。電話があって勢いに負けてすぐ契約してしまう…それは失敗のもとです。じっくり検討して、どの結婚相談所であれば自分にあっているかしっかりと見極めてから入会を検討しましょう。

勧誘電話で結婚相談所の良し悪しを判断しよう

 今は電話営業に関する法律も厳しくなり、昔と比べるときつい言い方や強引な勧誘ができないようになっていますし、また夜9時以降は営業の電話はできないと言う法律の規定も存在します。

危険!特定商取引法の記載がない結婚相談所

 最近はあまりないとは思いますが、必ず結婚できるという誇大な言い方をしてきたり、あまりにも強引だったり脅しともとれるような言い方をして来た場合はその結婚相談所には絶対入会しないほうがいいでしょう。入会する前に気付けてよかったですよね。勧誘電話のおかげで、いい業者か悪い業者か見分けられたのだ、といい方向に受け取ってみてください。
 営業をされたから、ではなく自分の意志で入会は決めましょう。