1. ホーム
  2. 結婚相談所情報
  3. 基礎 お見合い編
  4. ≫お見合い後の返事方法とお断り時のマナー | 結婚相談所

お見合い後の返事方法とお断り時のマナー | 結婚相談所

スマホを持つ女性
 初めてお見合いをしてから、また会いたい、と返事がくるのかそうではないのか…お見合いを終了してからこそが本当の勝負時とも言える局面です。お断りなど返事方法など、お見合い後にするべきことやマナーをご紹介します。

お見合い後の返事方法①返事は早めがマナー

 もしお見合いをして、相手の事をもっとよく知りたい…また会いたい、と思えば結婚相談所のアドバイザーに良いお返事をしたい旨をすぐに連絡しましょう。
 相手もあなたも、同じ時期に何人かとお見合いをして、実際に交際に発展させるかどうかにあたって迷ってしまう事もあるでしょうが、相手に対して、自分が興味を持っていますよ、と早目に伝えたほうが失礼にならないのは明白ですし、また返事がこないし違う人とお見合いをしたほうがいいのかな、と思われる事もなくなります。
 向こうがどう思ったかなどはあまり深く考えず、また会いたいと思うのであればアドバイザーにそのように伝えましょう。

お見合い後の返事方法②お断り時のマナー

 今回の相手はちょっと相性が合わなかった、思っていた感じとは印象が違った、などお断りしたいという時も担当アドバイザーさんに素直に伝えましょう。
 結婚相談所のお見合いでは、あなたが直接お断りの返事をする必要がありません。よくある婚活サイトは自分でお断りの返事をしなくてはならず、マナーなどがわからず失礼があったり、断り辛くて面倒だと思うことが多々あります。例え好みではない相手でも「ちょっと今回は・・・。」なんて断るのは気持ちがいいものではありません。

 また、結婚相談所によっては不成立の時に教えてくれるところもあれば、不成立の場合連絡はしないという結婚相談所もあるので、その辺のルールは結婚相談所の入会時などによく確認しておきましょう。

メール?電話?お見合い後の連絡方法

 ほとんどの結婚相談所では、お見合い後にこの関係を発展させたい、交際してみたいという意志が双方にある場合のみ連絡先を交換するルールになっています。
 連絡先を交換した後のフォローとしては、通常は男性が「先日はありがとうございました…」とお礼のメールを入れるのが一般的とされています。この連絡は連絡先を頂いた当日にするのが望ましいでしょう。
 メールではなく、電話をかけてももちろん大丈夫ですが、ここで注意するべき点としては相手が電話に出ない場合はそのまま電話を切らずに留守番電話にメッセージを残して下さい。なおこの場合は女性側が電話を掛けられる時間に折り返すのがマナーとされています。

 そうして「交際」をスタートさせることになったら、近日中にデートの約束を取り付けましょう。また交際がスタートしたら、担当アドバイザーにその旨を報告する事を忘れないようにしましょう。

交際の申し込みが成立しやすい人と不成立になりやすい人の違いと特徴