1. ホーム
  2. 結婚相談所情報
  3. 結婚相談所について
  4. ≫結婚相談所で働くカウンセラーって信用できる?

結婚相談所で働くカウンセラーって信用できる?

結婚相談所のカウンセラー
 結婚相談所で働くカウンセラーは、恋愛スペシャリスト?と思われる方も少なくないのではないでしょうか。結婚相談所に良い印象をもっていない方が多いので、そこで働くカウンセラーも「なんか信用できない」なんて言われたりすることもあります。実際には、どんな人が働いているのか、ご紹介していきます。

結婚カウンセラーは信用できる?信用できない?

 結婚相談所で働くカウンセラーは、恋愛経験がそこまで多くない人や、独身の人、自分自身も婚活をしてます、という人もいます。つまり、恋愛経験においては普通の人が多いのです。だからこそ、あなたの目線でものを考えたり、アドバイスをする事が可能なのですが、「プロなのに頼りない」と思われることもあるかもしれませんね。そこで「信用できない」と感じる方もいるかと思います。

 ただ、結婚相談所で働くカウンセラーの中でもベテランカウンセラーは別です。ベテランカウンセラーは、多くの婚活失敗&成功談を経験していますから、うまくいく秘訣を心得ています。「このカウンセラーなら信用できる」と人気もあります。ですから、しっかりと面倒をみて欲しい方はベテランカウンセラーに就いてもらうことをおすすめします。

カウンセラーの質にバラつきがある

  ひとりひとりの会員にカウンセラーがつくタイプの結婚相談所の場合、異性のお客さんに相手のいいところを見つけて、どう売りに出来るか、という営業力が必要です。
 結婚カウンセラー会社の規模や雇用形態で、接客の仕方などが変わってきます。中には「請負」と言って完全歩合制で勤務している人もいれば、アルバイトで働いている人もいるという事です。請負の人ですと、成果にならないと報酬が発生しないので、押しが強い接客をする人もいます。こういう押しが強い接客のカウンセラーの場合「信用できない」と思われがちですが、婚活の場では勢いと強い押しが必要なことが多いですから、信用できないとも言い切れません。

 逆にお客さんに納得してもらって、信頼できる関係を築くことが大切、と考えて動くカウンセラーもいるます。カウンセラーを見るときは、成婚という結果を出せているか、信用できそうか、相性はいいか、が重要です。

結婚相談所の体験談 カウンセラーに感謝! >

結婚相談所で働くカウンセラーは神経を使う

 お客さんのプライドを傷つけずに異性からよく見られるためにはどう振る舞ったらいいか、どのような恰好をした方がいいのか・・・元々の気質もありますが、お客さんによって同じ発言でもポジティブに受け取る人もいれば傷つく人、怒る人がいます。それは一般業界でも一緒の話ですが、お客さんの気質を可能な限り理解した上でアドバイスをするのは、結構神経を使うものです。
 もっと○○したらうまくいくのに、なんて思っても、さすがに失礼だし言えないかな?という事はありますよね。営業と一緒で、向いてない人がやると続かない職種と言えるでしょう。

 他にも慎重な接客を求められる局面も度々出てきます。正社員で結婚相談所に就職すると、数か月に及ぶ研修期間がある事のほうが多いので、業界未経験で入ってきても、きちんと成婚に結びつくよう効果的にお仕事ができるようになっています(合わない人は研修期間中に辞めてしまう事も多いそうです)。

最後に

 きちんとプロ意識を持って働くカウンセラーが多いですが、いくら仕事がでるカウンセラーでも相性が合わなければ信頼関係が築けず、うまくいきません。お客さんとカウンセラーのやり取りが結婚に結びつく秘訣になってくるので、このカウンセラーは合わないな、と感じたら担当を変えてほしいと申し出ることも大事だと思います。