1. ホーム
  2. みんなの婚活事情
  3. みんなの婚活体験談
  4. ≫独身って惨め。婚活がうまくいかない30代半ば女性の婚活体験談

独身って惨め。婚活がうまくいかない30代半ば女性の婚活体験談

独身女性

一生独身かも。惨めさ、悔しさを日々感じていた

 30代半ばをすぎて、この年で独身なのは周りには自分くらいしかいません。周りも子どもがいる友人も多く、子供が出来ると、家庭があると、いかに幸せになれるのか彼女たちから伝わってきます。いつも強がって「私は一人の生活を楽しむからいいの!」と言いっていましたが、本心ではありませんでした。

 両親が若いころには23歳を過ぎて独身の女は売れ残りだと思われるのが普通だったようで、30代半ばを過ぎても結婚できない娘にしてしまって育て方を間違ったなどと言われました。
 私は売れ残りなのか?惨めな気持ちになって落ち込んでいましたが、徐々に悔しさに変わりました。ふと目に付いた雑誌の独身女性の婚活体験談に感化されて、売れ残りが集う場所というイメージの結婚相談所に勢いで入会してしまいました。

結婚相談所や婚活パーティーは売れ残り集団?

30代半ば女性の婚活体験談

 婚活に踏み切ったはいいのですが、結婚相談所でも一番人気があるのが20代の女性で、30代女性はお見合いに辿りつけるようなのですが、やはり20代の会員さんとは比較にならないそうです。特に私は昔から特にモテるほうではなかったので男性の心を掴む要素など、料理が出来る事くらいしか本当にありませんでした。

 男性への希望年収としては600万円くらいで、同世代が良いと思いそのように登録したのですが、あまりにもお見合いに至れる男性が少なかったです。担当さんにどうしたらお見合いの数を増やすことができるか相談したら、まずプロフィールの見直しと、男性への条件を緩和するとお見合いの数が増やせるかもしれない、という事だったので、まずはプロフィールの見直しから始めました。

 写真は履歴書で使うような化粧が薄めで無表情の写真だったものを、きちんとプロのメイクさんにメイクしてもらい、顔の印象が明るくなるトップスを着た写真に変更しました。また、プロフィールの文字を美しく書くというふうにして、内容も一新しました。更に、結婚相手に臨む年収をランクダウンして年収500万に変えました。

まだうまくいかないけど手応えあり!

 婚活を始める前の私は、「独身って惨めだ」と悲壮感が漂っていたのですが、今の私は容姿が若々しく見えるように自発的にエステに通ったり、ジョギングをするなど体のラインが細く見え、肌も綺麗になったことでお見合いをした男性には20代と間違えられるようになりました。
 お世辞かなとも思いましたが、以前は言われたことが無かったので、少しレベルが上がったかな?と自信もつきました。結婚を意識する相手と会うということで毎月刺激があり、惨めだと落ち込んでいたときより断然楽しいです!

結婚相談所のデータマッチングシステムで婚活を楽しさに変える!

 また以前よりお見合いのあと交際につながることも多くなったので、これからも頑張って婚活していきたいと思います。