1. ホーム
  2. みんなの婚活事情
  3. ≫結婚するなら年の差いくつまでOK?男女で違う結婚観

結婚するなら年の差いくつまでOK?男女で違う結婚観

離婚再婚
 婚活の場では年齢がとても重要だということはご存知ですよね。女性の友人に質問してみると、「20歳位離れてても見た目が若くて色気がある男性ならOK」という人もいれば、「3歳以上離れたら絶対無理」という人もいます。「年の差結婚」で許せる歳の範囲は人それぞれですが、男女間では大きく違います。

いくつまで?年の差に対する結婚観

 年の差結婚をしてもいいと思える年齢差を男性に質問したところ、1番はプラスマイナス5歳、次いでプラスマイナス2歳という回答が多かったとの統計データがあります。対して、女性は10歳差ぐらいなら許せる、次いで5歳差、3番目に多かったのは10歳以上でも上でも構わないという結果でした。こうしてみると女性は男性よりも相手の年齢にこだわりがないということがわかります。

女性:あまりに年上だと将来が不安

 年上の男性に女性が求めることは「経済力」と「包容力」。しかし、あまりにも年上の男性の場合だと躊躇してしまう人が多いです。みなさん想像がつくかと思いますが、一番教育費のかかる時期に定年を迎えている可能性があり、介護問題などが発生するかもしれないからです。また、こういった問題を抱えるであろう年の差を20歳程と仮定すると、多くの女性がNGを出すと思いますので、結婚には繋がることは少ないでしょう。

男性:重要なのは出産できるかどうか

 では、男性の場合はどうでしょうか。ストライクゾーンが女性より遙かに狭いので、若いうちは同年代(2,3歳の差)がいいという人が多いのですが、年齢を重ねていくと、子供を産めるかどうかを重要視する傾向にあります。
ただし年齢だけで決めるわけではありません。若すぎて人との付き合い方を知らなかったり、礼儀を知らない女性は、男性から見ても恋愛対象外になってしまいます。若ければいい訳でもないですが、年齢だけで考えると、年上すぎる女性は希望の男性を選びにくいというのが現状です。

 個人差もありますので年の差だけで諦める必要もありません。好きになった人がタイプだという人もいますし、今まで年下しか受け付けなかった人が心境の変化などで年上好きに変わることだって珍しくはありません。あくまでも一般的な価値観でいうと、そのくらいの年の差結婚はありだというだけですので、最初から諦めるようなことはしなくていいと思います。

【調査結果】結婚相談所の年齢層と男女比はどれくらい?