1. ホーム
  2. 婚活情報
  3. 婚活を成功させる方法
  4. ≫プライドと思い込みで結婚にブレーキ! | 結婚相談所情報サイトmarriemo

プライドと思い込みで結婚にブレーキ! | 結婚相談所情報サイトmarriemo

結婚相談所でお見合いをして交際がスタートしてもなかなか次のステップに踏み込むことができない・・・そんな時はあなたの中のプライドと思い込みが婚活を進展させる邪魔をしているのかもしれません。
あなたの結婚にブレーキをかけているプライドや思い込みとはどのようなものがあるのでしょうか。
婚活に止まれの標識

極端に自信がない

こんな私のような人が異性と釣りあうのだろうか・・・などと無用の心配をしているケースで、お人よしで自信がないタイプに多いです。このようなタイプは交際に発展しても相手が自分の事を本当に好きなのか根拠もなく疑ってしまいます。また自分の不安からその思いを相手にぶつけてしまう人もいますが、相手にとっては大きな負担となるので自信を持つと良いでしょう。

プライドが高すぎる

プライドが高くお付き合いがなかなか進まないケースも少なくありません。特に昔はモテた女性などの場合は、30代以降になってもそのままの意識で物事を考える傾向が高く、相手とデートに行ってもきちんとエスコートが出来ないとか、連れて行ってくれたお店のレベルが低い、割勘と言われて腹が立ったなど様々な理由で男性との関係を維持できません。
男性とは女性をこう扱うもの、との思い込みがある人も多いです。

あなたの本当の価値は・・・?

無職女性で「年収は1000万円以上ある大企業で働いている男性限定」や、60代男性で「20代前半の女性のみ限定」など、かなり厳しい条件で結婚相手を探す人も結構多いのですが、何かよほど突出した何かがないと相手とお見合いの段階にもたどり着くことができませんし、仮に条件にあった人が実際にお見合いをする、となってもその人と性格があうとは限りません。
年収が高い代わりにすごく年上だったり、容姿や性格が悪いと言う事も考えられます。20代前半の女性で60代でOKという場合は動機が不純であったり、または何か事情がある女性が多く、純粋に60代の男性が良いという人は少ないでしょう。
結婚できない女性の特徴でもご紹介している通り、結婚相手への要望が多い場合は妥協をする必要があるという事と、自分の女としての価値を冷静に見つめ直したほうが良いかと思います。

短所もあなたの思いこみかも?
次のステップ >>短所を魅力に変える方法