1. ホーム
  2. 結婚相談所情報
  3. 結婚相談所の選び方
  4. ≫会員数・成婚率で選ぶメリットデメリット

会員数・成婚率で選ぶメリットデメリット

結婚相談所を選ぶ上で、会員数・成婚率は重要な要素です。会員数が多いと出会いやすく、成婚率が高いと成婚に導いてくれるシステムがある、とても大きなメリットですよね。

口コミや体験談の言葉より、数字には説得力を感じます。ですから、結婚相談所は会員数や成婚率を売りにして登録者を増やそうとしています。
会員数が多く成婚率が高い結婚相談所には大きなメリットをがありますから皆さんこういった結婚相談所に流れていますが、デメリットを知っていますか?
会員数や成婚率などの数字

会員数や成婚率で選ぶデメリット

結婚相談所によっては成婚扱いの後破談になったり、同じくお付き合い後に破談したケース、そして結婚相談所のルールを破り会員同士が深い関係になってしまったなどの違反によっても成婚という扱いにするなんてことがあります。
また、複数の結婚相談所に登録している会員さんの場合は、うちで頑張ったから結婚できたと言う解釈で全ての結婚相談所で成婚率を上げることも少なくないのです。

結婚相談所に於ける成婚率は全国平均ですと、10%前後です。それよりも成婚者数が多い結婚相談所については実際に成婚者数が多い結婚相談所だと思いたいですが、数字のトリックで成婚者数をかさ増ししている結婚相談所も存在しています。
「うちの会員は5万人いる」と言ってもその結婚相談所に登録している会員が5万人いるわけではなく、同じ結婚相談所業界の連盟内に5万人いるという数の数え方をする業者もいます。

会員数や成婚率だけじゃない!

結婚相談業者に限ったことではありませんが、このような数字のトリックに惑わされず、訪れた結婚相談所の真意をくみ取れるようにしていくほうが良いでしょう。
数字だけで選んだ結果、その結婚相談所が本当に実力があり結婚の手助けになるようであれば御の字ですが、数字のトリックであった場合、誠心誠意の接客や婚活に当たっての充分な補助ができるとは限りません。
また成婚率が高い結婚相談所に入会したから必ず結婚できるという訳でもありません。

選び方別メリットとデメリット