1. ホーム
  2. 婚活情報
  3. 離婚・再婚
  4. ≫離婚、再婚に必要な金額の相場|慰謝料・財産分与・養育費いくらかかる?

離婚、再婚に必要な金額の相場|慰謝料・財産分与・養育費いくらかかる?

離婚再婚の相場
離婚は、慰謝料、財産分与、教育費・・・など頭を抱えてしまうような問題がたくさん出てきます。
浮気などして離婚となってしまった場合は、たっぷりと慰謝料をとられてしまうし、財産分与でも不利になってしまいます。

また、倫理的に低所得でも子供が独立するまでは毎月のように高額な教育費を払わなければならないと思います。では、それらにかかる金額の相場はどれくらいなのでしょうか?

離婚した場合の慰謝料の相場は、離婚にいたった原因や理由、結婚生活の期間、当事者の年収などによっても変わってきます。
先ほど申し上げたように「浮気がばれてしまった・・・」というような完全に不利な理由がある場合は、全面的に償わなければならないので、当然、慰謝料の金額も高くなります。

また結婚期間が長くなればなるほど、配偶者に尽くした期間も長くなるので、慰謝料の金額は高くなります。ただし、慰謝料を支払う方の年収が低い場合は、失業してしまった場合は、当然、高額な慰謝料を支払うことができなくなるので、払える分の慰謝料しか請求することができなくなります。

慰謝料の相場は?

離婚による慰謝料の平均的な相場は150万円から350万円と言われています。もちろん場合によっては、それよりも少なくなったり多くなったりします。

養育費の相場は?

離婚した場合の平均的な養育費の相場は2万円から7万円と言われています。収入が低ければ、相場よりも低い養育費しか払えなくなってしまうし、逆に収入が高ければもっと高額な養育費を請求されてしまう場合もあります。

再婚の相場は?

統計はでていませんが、再婚するには最低でも100万円は必要でしょう。引越しなし、家具新調なし、再婚の為挙式なし、新婚旅行は近場・・・いくら愛する人と結婚するからとはいえ、これでは先が心配になってしまいます。

出し惜しんで合コンや婚活パーティーなどで出会うと再婚までの道のりが長くなる上に、また離婚が待っているかもしれません。
再婚には結婚相談所がおすすめな理由があります。
真剣に結婚を考えている方が集まっている結婚相談所、心機一転できる新居、身内だけで挙式、など最低限の出費は惜しまないようにしましょう。