1. ホーム
  2. 結婚相談所情報
  3. 結婚相談所でのトラブル
  4. ≫希望条件を下げる?結婚できない人の結婚相談所でのトラブル

希望条件を下げる?結婚できない人の結婚相談所でのトラブル

結婚できない女性
 結婚相談所ではお相手を選ぶ際の希望条件を自由に設定することができます。とても便利な反面、自分のことを冷静に評価できていないと理想が高い状態での婚活となり、いつまでたっても「結婚できない人」となってしまう怖さもあります。
 当たり前のことですが、あまりにも高い希望条件を並べると大手結婚相談所であっても検索結果は0件になってしまいます。結婚相談所で「結婚できない!」とトラブルになる場合の多くは希望条件を下げることが出来ない人です。言い換えると「希望条件が高い人」です。

 私は希望条件が高くない、と思っている婚活中の方は、まず 高望みしていないのに結婚できないのはなんで? を参考に、希望条件を下げるべきなのかどうか、自分を冷静に評価してみてください。

 さて、今回の題材「結婚相談所で希望条件を下げるよう言われた!」というトラブル。どうして?と不快に思うかもしれませんが、それには結婚相談所なりの考えがあります。

条件を替えなければ結婚できない

 希望条件が厳しいと相手からの印象も極めて悪くなってしまうので、相手からのお誘いがなくなってしまうことにもつながります。確かに結婚という人生で最大の決め事なので、希望条件を少しでも高くしたい!後悔したくない!失敗したくない!という気持ちは痛いほど分かります。しかし、安くはない費用を払ってせっかく結婚相談所を利用するのですから、相手が見つからないことには婚活もうまく進めることができないのです。
 まずは、お相手を見つけることができなければお話にならなりません。そのため、結婚相談所側も希望条件を下げるよう進言したり、替えるように勧めてくれるのです。

婚活が上手くいかない=希望条件が高い

 結婚相談所で婚活がうまくいかない男女の殆どは「希望条件が高い」と思って間違いないでしょう。「普通でいいんです」なんて希望条件を妥協しているように言う人が居ますが、それを「希望条件が高い」というんです。高望みしていないのに結婚できないのはなんで?を見て目を覚ましましょう。
 自覚がない人が多いようですからもう一度ハッキリ言いますが、婚活が上手く行かないなら理想が高いということです。希望条件を下げましょう。ある程度優先順位を決めて削れるところは削っていかないといつになっても結婚相手が見つからず結婚相談所に支払う費用ばかりがかさんでしまうことになります。そしていつまでたっても結婚できません。

 本当に譲れない優先事項を再確認して、譲れるところは譲り、希望条件を下げる作業をしてみましょう。そうすることで、結婚相談所の検索でヒットする相手も増えますし、相手からお誘いを受ける確率も上げることができ、結果として候補の選択が広がるのです。

結婚相談所選びに時間をかけてトラブル回避

 結婚相談所のアドバイザーによっては、頭ごなしに希望条件を替えるように言ってくる人もいます。年齢的に厳しかったりすれば、確かに希望条件が高いと婚活がうまくいかないのは事実。ですが「これだけは譲れない」という条件まで下げるよう言われたり、希望条件に満たない相手を紹介されてしまうと不快感を抱いてしまいトラブルへと発展してしまいます。
 希望条件を下げさせて早く成婚してもらい、成婚率を上げたい、成婚料を貰いたい、といった利益優先の結婚相談所も沢山あります。相談者としても成婚への近道にはなり、結果として上手くいくこともありますが、モヤモヤしたままで話が進んでしまうと破談する可能性も上がってしまいます。相談者を無視してガツガツ話を進めていく結婚相談所はストレスになるので避けたほうが良いでしょう。

 利用者の希望条件を満たすようなお相手を必死になって見つけてくれるのが結婚相談所のアドバイザーの仕事です。もちろん、相談者もアドバイザーのアドバイスを素直に聞き入れる余地も必要ですよ。信頼関係が築ける結婚アドバイザーのいる結婚相談所を選びましょう。