1. ホーム
  2. 婚活情報
  3. 婚活・結婚にまつわるトラブル
  4. ≫結婚してないけど同棲で内縁の妻?事実婚?慰謝料は貰える?

結婚してないけど同棲で内縁の妻?事実婚?慰謝料は貰える?

主婦
 婚活をしていなくても、3年間同棲をしていれば内縁の妻、いわゆる事実婚と認められて慰謝料がもらえる可能性はあります。では、内縁の妻として認められ、もしものときに慰謝料がもらうためにはどんな条件があるでしょうか。

3年間同棲=事実婚ではない!

 気を付けなければならないのは、ただ3年間同棲していたという事実だけでは、内縁の妻や事実婚が認められるわけではなく、慰謝料ももらうことができないという点です。3年間以上、同棲しているということは慰謝料をもらう条件の1つではありますが、その他の条件も満たしていないとダメということです。

結婚してないけど結婚の意志の有無

 その他の条件1つ目は、同棲している双方に結婚をしたいという意志があったか?という点です。まったく結婚をする意志がなく、ただ同棲していたという場合は認められないということです。要するに、遊びの付き合いで結婚という前提はなく恋愛関係を続けるために同棲している場合は、3年以上の期間があっても、内縁の妻、事実婚とは認められないということです。

内縁の妻=住民票の移動完了

 2つ目の条件は、住民票の移動がしっかりとなされているという点です。同棲をしている事実があっても、住民票は別のところにあり、郵便物などが別のところに届くような場合は、3年間の同棲期間があっても、認められない場合があるのです。だから、同棲が始まったら、しっかりと住民票を移動しておく必要があるのです。

生計を共にしているか?

 3つ目の条件は、生計を共にしているか?という点です。同棲はしていても、生活はまったく別でお財布も別という場合は、認められない可能性があるということです。

慰謝料を請求するために条件を揃えるべし!

 例えば、3年以上同棲をしてお互いに結婚を前提として付き合っていた場合でも、彼氏の方が浮気をしてしまった場合、慰謝料を請求したくなることもあるでしょう。なぜなら、女性からすれば結婚適齢期の貴重な3年間を無駄にされてしまったという悔しい思いがあるからです。しかし、慰謝料を請求するためには、先述した3つの条件をすべて満たしている必要があるのです。

 将来的にそのような可能性も無きにしもあらずなので、同棲を始まる時はしっかりと住民票を移動して、結婚が前提の同棲であることを彼氏に認めてもらい書面に書いてもらうと良いでしょう。