1. ホーム
  2. 婚活情報
  3. 婚活・結婚にまつわるトラブル
  4. ≫結婚を考えていた彼が既婚者だった。慰謝料問題はどうなるの?

結婚を考えていた彼が既婚者だった。慰謝料問題はどうなるの?

婚姻届
 結婚を考えていた彼が実は既婚者で、事実上の不倫関係だった・・・。どん底に突き落とされるような出来事ですよね。世の中には思っているよりも悪い男が多く、このようなケースは意外に多くあります。事実上の不倫関係なので、もし彼の奥さんに不倫関係を知られてしまったら慰謝料の問題が発生してしまうかもしれません。

 彼に騙されていたあなたからすれば「慰謝料が欲しいのはこっちのほうだよ!」と言いたくなってしまいますが、不倫をされた奥さんの気持ちも考えると、責めるべきは騙していた彼ただ1人。
 これから二人の関係はどうなっていくのか、離婚する運びになった場合の養育費はどうなるのか・・・心配事は尽きませんが、まずはどのような場合に彼の奥さんから慰謝料を請求されてしまうのか、確認しておきましょう。

夫の不倫相手に慰謝料を請求することができる条件3つ

  1. 彼が既婚者であることを知っていた、若しくは、知っていると判断される要因があること
  2. 彼と奥さんの夫婦関係が事実上破綻していないこと
  3. 不倫関係の彼と肉体関係があること

これら3つの条件を全て満たすことで、初めて彼の奥さんが慰謝料を請求できることになります。

慰謝料を請求されないために、3つの条件を満たさないことを主張

 逆に言えば、これら3つの条件を1つでも満たしていなければ慰謝料を請求されることもないということです。

 まず、肝心なのは彼が既婚者であることを知っていたか?という点です。既婚者であることをまったく知らなかった、知るすべもなかったということを証明する必要があります。どう考えても既婚者だと分かるような出来事があったという場合は、認められない場合があります。

夫婦関係の破綻があれば請求されない

 もう1つ、不倫をしていなくても彼と奥さんとの夫婦関係が破綻している場合は慰謝料を請求されることもないので、そういった事実がないのか確認することが大切です。もし、彼と親しくなったばかりで肉体関係がないなら、それを証明することで奥さんから慰謝料を請求されずに済みます。

 お見合いパーティーや婚活パーティーでも独身を装って既婚者の男性が出会いを求めてやってくることもあるので、そのような場合は、既婚者ではないか?のチェックをしっかりとしましょう。そうすれば、余計なトラブルや問題に巻き込まれることもなくなるのです。

騙すような男はこっちから捨ててやる!

 「離婚するから待って」なんて言葉を信じてはいけません。平気で騙せるような最低な男は、必ずまたやらかします。必ず、間違いなく、です。
 それでもまだ未練が断ち切れない方は、離婚にかかる費用を見て冷静になりましょう。そして捨ててやりましょう!
離婚、再婚に必要な金額の相場|慰謝料・財産分与・養育費いくらかかる?